タイヤ交換ならプロに依頼しよう|安心のカーライフを送る手引き

ネット利用で安く済ませる

サービスを利用する

一口にタイヤ交換と言っても場合によって、その言葉の使われ方が変わる場合があります。タイヤの取り付け・取り外しはもちろんのこと、タイヤの組み換えなどを行う際にも使用する言葉だからです。タイヤ組み換えは、ホイールから古くなったゴムタイヤを取り外し、新しいゴムタイヤを取り付けるものです。ホイール付きのスタッドレスタイヤを交換する場合にはタイヤの着脱は行われません。タイヤ組み換えを行うと、そのままではバランスが悪いことがほとんどであるため、大抵はタイヤ組み換えと調整はセットでやることになります。タイヤ交換とはタイヤの組み換えや調整を行うなど1つの作業を指す言葉ではなく、作業全体を指す言葉として捉えてください。ネットなどで安く購入したタイヤをガソリンスタンドやカーショップに持ち込み、交換してもらうことが出来ます。ガソリンスタンドでの持ち込みタイヤ交換というと、費用が高くついてしまうイメージがある方もいるかもしれませんが、最近では通販サイトと提携することで安い工賃で済ませることが出来る所もあります。ネット通販でタイヤを購入すること自体は気軽に出来ても、いざ自宅でタイヤを受け取り、愛車に積んでスタンドやショップに持ち込むのは骨が折れる作業でした。しかし、スタンドやショップに直送出来るサービスを行っているネット通販も存在し、大変便利です。提携ショップを利用することで、タイヤ持ち込みに対する罪悪感を感じることなくタイヤ交換を行えます。最寄りのスタンドやショップに問い合わせ、積極的に持ち込み交換を利用しましょう。

取り付けOKの店舗を探す

タイヤ交換をする際、ネット通販などで購入したタイヤを取り付けてくれる先を探す人が増えています。取り付けるだけなら自力で出来たとしても、バランス調整が出来ていないと走行にリスクが出るので、やはり専門家に静バランスや動バランスを取ってもらう必要があります。ネット通販でタイヤ購入した際、持ち込みタイヤ交換が可能な工場を紹介されることもありますが、やはり前準備としては、自分でも持ち込みタイヤ交換OKの店舗を調査しておく必要があるでしょう。持ち込みやすい場所でないとかなり大変ですので、費用面も含めてチェックが必要です。また、整備工場の他にガソリンスタンドやカーショップなどでも持ち込みタイヤ交換OKという店舗はありますが、指定店で購入したものでないといけないところもあります。最初にタイヤのほうを買ってしまうと都合が合わなくなってしまう恐れもあるので、順番としては取り付けを頼めるところを先にチェックしておいてからタイヤを購入しましょう。取り付け当日に関しては、料金と合わせて前もって問い合わせをしておくほうが確実ですが、予約はしなくても来店してその場で申し込みOKという店舗や整備工場も多いです。ただ、混み合っているとかなり待たされることになりますので、事前に来店してスタッフに話を聞いておくか、電話を入れて確認をしておいたほうが良いでしょう。もちろん、営業している曜日や受付時間などもチェックが必要ですね。

料金設定を確認しましょう

ミニカーと鍵

タイヤ交換は、自宅で行うのは初心者には難しく、ディーラーの他カーショップやガソリンスタンド、タイや専門店などでプロに任せるのが一般的です。まずタイヤ交換には、タイヤの本体の料金と工賃がかかります。出来るだけ安く、タイヤ交換をしたいという方は、タイヤを取付店舗に持ち込み、取付だけ依頼するという方法もあります。もちろん、タイヤ交換が初めてという方でも注意点だけ抑えれば、タイヤ持ち込みにより料金を抑えることが出来ます。タイヤ本体の料金は、カーショップなどよりインターネットの方が安い場合が多く、品ぞろえも多いのでインターネットしょぷを利用することで、適したタイヤを安価に手に入れることが出来ます。ただ、タイヤの規格が異なっておれば、取付が出来ませんので、きちんと確認して間違えの無いように購入するようにしましょう。また、インターネットで購入し、自宅から取付してもらう店舗に運ぶのは大変な作業になります。そこで、取付店舗によっては、そのままインターネットショップから取付店舗に送付してもよいとしているところもありますので、その場合手間を省くことが出来ます。事前に確認しておきましょう。多くの場合持ち込みによって料金を抑えることが出来るのですが、持ち込みの場合の工賃が高く設定されている店舗もありますので、注意が必要です。持ち込みの場合の料金設定を事前に問い合わせて確認した上で、比較検討するようにしましょう。